神社巡りガイドブック

神社巡りのツアー工程、歴史や見所のポイントをご紹介しています

【東京・神社巡り】東京十社ツアー

東京十社とは明治天皇がさだめた、東京の鎮護と万民の安泰を祈る神社、十社のこと。
イメージとしては皇居の結界のような感じ。
結界となる神社を一社ずつ、摂社末社も見逃さず参拝することで、日本の国土を守り、日本を活性化させよう!! そんな思いでめぐるツアーかと思います。
1日で十社巡ることが重要である、ミッション型ツアーともいえましょう。

このツアーは朝早くスタートすれば十社完遂することが可能ですが、大人数での移動、各社での御朱印まで望んでしまうと、時間が厳しくなってきます。
ランチの時間ものんびりとはとりにくいでしょう。
また、冬場は日没が早いので要注意。
当方はゴールデンウィークに車でまわったのですが、渋滞がほぼなかったので時間的には余裕がありましたが、日頃からそうできるかというとちょっと難しいのではないかと思います……。

公式情報では参拝の順番は関係ないと書かれていますが、一筆書き的に参拝するのが良いという話も伝えられています。
以下に記している順番は一筆書きになる順番です。
スタート地点は根津神社となっていますが、この循環であればどこからスタートしても一筆書き的に参拝することができるはずです。

移動範囲は以下の感じになります。

 

根津神社

f:id:middleaged_web:20170725223011j:plain

ヤマトタケル神が千駄木のあたりに造営したのが始まり。
しかしヤマトタケルの名残りがないのはどういうことでしょう……。
スサノオ神、オオヤマクイ神、ホンダワケ神を主にまつる。
場所:東京都文京区根津1丁目28-9

 

王子神社

f:id:middleaged_web:20170725223133j:plain

もっとも古い記録は源義家による祈願(1039年以降)。
その後、和歌山県・熊野の神さまをお迎え。
小田原北条、徳川からも厚くあがめられる。
場所:東京都北区王子本町1丁目1-12

Googleマップのナビだと境内裏についてしまう可能性があります。
この場合、車の駐車に大変困るので、正面にまわるようにしましょう。

f:id:middleaged_web:20170725223235j:plain

境内裏のご神木が素晴らしかった!

 

白山神社

f:id:middleaged_web:20170725223313j:plain

948年、白山信仰の総本社となる白山比咩神社から神様にお越しいただく。
当初は本郷にあったが巣鴨へ移動、またその後現在の地へ移動。
徳川家から厚く信仰された。
場所:東京都文京区白山5-31-26

 

日枝神社

f:id:middleaged_web:20170725223919j:plain

1478年、江戸の築城の際に川越山王神社から神さまにお越しいただいた……。
という話がわかりやすい部分ですが、1362年にも山王宮としての記録があるそうです。
移動、焼失などがあり現在の社殿は地元の方々によって昭和に建てられたもの。
オオヤマクイ神をまつる。滋賀の日吉大社が総本社。
場所:東京都千代田区永田町2丁目10-5

 

赤坂氷川神社

f:id:middleaged_web:20170725224018j:plain

951年にはじまり、雨乞いの祈願がよく行われたそうです。
奇跡的に東京大空襲の被害はなく、江戸時代の姿を残している貴重な神社。
スサノオ神、その妻・クシナダヒメ神、オオナムチ神をまつる。
場所:東京都港区赤坂6丁目10-12

f:id:middleaged_web:20170725224100j:plain

さすが江戸時代から残る神社。
都心にこんな素晴らしいご神木。

 

品川神社

f:id:middleaged_web:20170725224132j:plain

1187年、源頼朝安房国(千葉)の洲崎神社の神さまにお越しいただいたのが始まり。
千葉の安房は徳島の阿波に由来しており、当社にまつられるアメノイリヒメ神も阿波の地に深く関係。
品川に徳島のエネルギー。
場所:東京都品川区北品川3丁目7-15

 

芝大神宮

f:id:middleaged_web:20170725224229j:plain

創建は1005年、アマテラス神、トヨウケ神をまつる。
伊勢の神宮と同じでありますね。
東京のお伊勢さんといえば東京大神宮を思い出しますが、こちらの方が古いではありませんか。
場所:東京都港区芝大門1-12-7

 

富岡八幡宮

f:id:middleaged_web:20170725224312j:plain

創建は1627年、流水によって砂が堆積する当地を使える土地に改善。
しかし工事は難航。
波除八幡の別名をもつ、現在の横浜市金沢区にある富岡八幡宮から神様をおよびしたのがはじまり。
主に応神天皇をまつるが、他にも八柱まつられる。(神様を数えるときは柱をつかいます)
時代とともに増えていったのでしょうか。
場所:東京都江東区富岡1丁目20-3

 

亀戸天神社

f:id:middleaged_web:20170725224416j:plain

当地にあった天神の祠に、菅原道真の末裔であり、太宰府天満宮の神官であった菅原大鳥居信祐がたどり着いたことがはじまり、1661年のこと。
たくさんある天神・天満宮系の神社の中でも、より中心に近いところにある印象ですね。
菅原家の祖となるアマノホヒ神もまつる。
場所:東京都江東区亀戸3丁目6-1

 

神田明神

f:id:middleaged_web:20170725224458j:plain

平将門の神社というイメージになりつつありますが、祭神であるオオナムチの末裔が当地に創建したことがはじまり、730年のこと。
神田という地は、伊勢の神宮の御田があった地であるそうです。
場所:東京都千代田区外神田2丁目16-1

駐車場がわかりにくいですが、まずは正面をめざすとよいです。
正面につきあたったら右へ曲がって道沿いをすすむと駐車できます。

 

ランチ情報など

どこでランチするかにもよりますが、当方は日枝神社(赤坂)あたりでとなりました。
かき揚げが有名な「天茂」さんに行こうとしたのですがお休みだったので、タイ料理の「ティーヌン」に行きました。
天茂さんはもちろんオススメですが、ティーヌン(複数店舗あり)も安定の美味しさです。

 

さいごに

通な方々に言わせると、十一箇所目が存在します。
それは日比谷公園のテニスコートあたりにある三笠山
何か特別ないわれはないようですが、十社でグリッドを組んだ時に中心にあたるそうです。
余力があれば是非に。 場所:東京都千代田区日比谷公園